万一のシーンでも冷静に!自然災害に備えよう

震災が起きた時に死傷した方の理由のうちかなり多いものは、火に巻き込まれたのや家具類の下敷きになる圧死です。

いい加減に据え付けてしまったインテリアが倒れる事で、大怪我をしたり死んでしまう可能性をなくす為には、いったいどの様に準備しておけばよいのかを調べましょう。

食料品の備蓄を心掛ける事は肝心なところですが、飲料水やコンロも用意出来ない場合に食べる事が出来ないようでは役に立ちません。

可能な限り気軽に食事できる災害時用食料品を厳選し、こつこつ蓄えていきましょう。

買ったそのままでほったらかしにしないように、周期的に時々食べる様にして足していくスタイルがおススメです。

会社とご自宅に置いてある家具類を再点検し、倒れこみを予防する為の工具を設置する事ですとか工務店が行なう耐震改修などを指して事前減災と言います。

時間がある時にリサーチしてください。

バリテインの増大効果